これって性病??症状から自宅でカンタン検査

性病検査なんて・・・通販で出来る!人に言えない悩みをこっそり解決

母子感染する可能性がある性感染症

      2014/08/21

性器クラミジア感染症

淋菌感染症

HIV感染症/エイズ

梅毒

性器カンジダ症

腟トリコモナス症

尖圭コンジローマ

B型・C型肝炎

サイトメガロウイルス感染症

成人T細胞白血病

帯状疱疹 

中でもTORCH症候群に注意する必要があります

TORCHとは、妊娠中の感染によって胎児に奇形または重篤な母子感染症を引き起こす恐れのある疾患の総称であり、トキソプラズマ症(Toxoplasma)、その他B型肝炎ウイルスやEBウイルスなど(Other)、風疹(Rubella)、サイトメガロウイルス(Cytomegalovirus)、単純ヘルペスウイルス(Herpes simplexvirus)の頭文字から付けられています。 妊婦がこれら4つの疾患にかかると、胎児に先天異常を発生させる怖れがあります。

トキソプラズマ症は生肉を食べるあるいはネコのフンから感染するため、妊娠中は生もの(特に哺乳類の肉)やネコのし尿処理は他の人にやってもらうようにしましょう。 胎児感染した場合、脳内石灰化、脳室拡大、肝腫大、腹水、胎盤肥厚等がみられます。 水痘既往歴がある妊婦の場合もトキソプラズマ症が現れます。

17妊娠中は、水痘既往歴がある場合、風疹、サイトメガロウイルスや単純ヘルペスウイルスに発症する可能性があるため、帯状疱疹以外にも、風邪をひかないように十分注意しなければなりません。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなりますが、風邪は万病のもとであり、免疫力が低下しないように注意する必要があります。 安定期には、適度な運動とバランスのよい食事と十分な睡眠をとり、免疫力が低下しないように心がけましょう。

 - 女性から見た性病