これって性病??症状から自宅でカンタン検査

性病検査なんて・・・通販で出来る!人に言えない悩みをこっそり解決

エイズを学ぶには

      2014/08/21

HIV/AIDSやジェンダー・セクシャリティを学ぶ

日本国内で数少ないHIV/AIDSについての研修があります。

ほとんど医療従事者対象ですが、地域支援者としてのコースがあります。
http://www.acc.ncgm.go.jp/training/index.html

当事者(HIV感染者、HIV感染者の関係者など)が受講することが出来るコースもあります。
http://www.acc.ncgm.go.jp/training/pdf/course2014/07_support_2014.pdf
http://www.acc.ncgm.go.jp/training/pdf/course2014/06_update_2014.pdf

 


 

途上国では医療従事者が不足していることもあり、場合によっては医療行為(薬剤配布など)をすることもあります。したがって、どんな治療をしているのか、ということを理解する必要があるホームヘルパーや福祉事業をされている人はelearningコースの受講や他のコースを受講することも交渉することも可能になるでしょう。
http://acc-elearning.org/AIDS/

エイズ7

Webサイトは日本国内では上記国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターのサイトが充実しています。しかし、一般的なものというわけではないというのは事実です。

広くジェンダー・セクシャリティを学ぶ研究機関としては
http://web.icu.ac.jp/cgs/journal.html
があり、広く一般にも開放され、働きながら学ぶことができます。

エイズ8

日本国内ではセクシャル・マイノリティという位置づけがまだまだ認知されていない状況です。ジェンダー・イコーリティーとは男女共同参画という意味と考えられている状況の中、セクシャル・マイノリティを取り入れ、包括的なジェンダー・セクシャリティを学べる研究機関です。

 - HIVエイズの症状