これって性病??症状から自宅でカンタン検査

性病検査なんて・・・通販で出来る!人に言えない悩みをこっそり解決

オーラルセックス~クンニリングス(ヴァギナを口や舌、あるい歯で噛むなど愛撫する行為

      2014/08/21

性感染症の中にはオーラルセックスをすることで感染するものがあります。

オーラルセックスとは、口腔を使って行う性行為全般のことを指します。 オーラルセックスにはヴァギナを口や舌、あるい歯で噛むなど愛撫するクンニリングスペニスを口や舌、あるいは歯で噛むなどの愛撫するフェラチオ肛門を口や舌、あるいは歯で噛むなど愛撫するリミングなどがあります。場合によってはディープキス、あるいは精液や膣分泌液が口腔から入るような行為をした場合もオーラルセックスによって感染する性感染症に感染する可能性があります。 それぞれ行為をする人、される人によって感染する性感染症が異なります。理由として、性感染症ごとにウイルス、菌など感染源となる病原体が存在する箇所が異なることから、行為する人とされる人では感染する性感染症が異なるのです。

 

クンニリングス(ヴァギナを口や舌、あるいは歯で噛むなどの愛撫)をする人が感染する危険性があるものには梅毒と性器ヘルペスがあります。ヴァギナ周辺に存在する性感染症として、梅毒と性器ヘルペスがあり、それらに感染している女性の場合、ヴァギナにこれらの感染源となる病原体が存在しているからです。 また、膣分泌液には性器クラミジアや淋菌が含まれている場合、咽頭に感染する咽頭クラミジア、淋菌感染症として感染する可能性が高いです。咽頭部に淋菌が感染した場合、感染後になんらかの体の異常があればよいのですが、あることが極めて少ないのが特徴となります。そのため、知らず知らずのうちに感染が広がるという結果となります。 また、クンニリングスをする人の口の中に傷(歯の治療中、歯槽膿漏を含め)がある場合、月経時にはオーラルセックスをすることは極力避けるようにしてください。膣分泌液ないに存在するHIV病原体に感染する可能性がありますが、感染力の強さは血液感染のほうが強いです。たとえば、歯でヴァギナ周辺を傷つけ出血した場合、口腔内に何らかの傷あるいは病原体の進入口がある場合、HIV感染する可能性があります。

02_2013110420325139cs

逆にクンニリングスをされる人が感染する危険性があるものには、咽頭に病原体が存在する梅毒やヘルペス(口唇)に感染する恐れがあります。しかし、HIVは唾液からの感染はありませんが、クンニリングスする人と同様、相手の口腔内に出血するような症状(歯槽膿漏や歯茎の治療、もしくは歯の矯正器具などで口腔内に傷がある場合)があり、相手の行為あるいは別の性感染症で病原菌が入り込む余地(性器ヘルペス、クラミジアに感染しているあるいは傷やそれに相当するものなど)がある場合、HIV感染する可能性があります。

このように、咽頭への感染は、ディープキスやオーラルセックスなどの性行為以外の感染経路のため、コンドーム着用をしているだけででは、防ぐことはできないということです。そして、オーラルセックスが感染経路となる性感染症は欧米先進国よりも日本での検出が高いという結果になっています。要因としては、欧米先進国と日本の性行動様式や性風俗など性を取り巻く法制度をはじめ、性風俗に従事する人たちの人権擁護や性に関する教育に差があるためとされています。 たとえ一時の過ちを犯したからもう手遅れ、ということではありません。一刻も早く治療とすることで取り返しのつかない事態を防ぐことができます。 もし、今結婚を考えている人がいるなら、ブライダルチェックとしてペアで検査をしてください。

これから付き合おうとしている人がいるのであれば付き合うタイミングで検査をしてください。

9項目セット+のどセット(女性用) HIV、梅毒、淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、B型肝炎抗原、B型肝炎抗体、C型肝炎、咽頭クラミジア、咽頭淋菌 http://www.fujimedical.jp/inspection_set9_throat.html

検査4

STD10【性感染症10項目】(男性用) B型肝炎・C型肝炎・エイズ・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア検査のセット http://www.gme.co.jp/std10.html

男性用2

 - 女性から見た性病